結婚適齢期

超濃厚 宇治抹茶生チョコレート 20粒入

アラサー、アラフォーという表現に関して、『女性は何歳になっても現役』という思いが込められているようです。
まだまだ現役であるという自信へのポジティヴな提言が、「アラフィー婚」という言葉にも見てとれそうです。
年齢にかかわらず、したいときが結婚どき。価値観の多様化に伴い、結婚適齢期という概念は今後ますます鳴りを潜めそうです。
ファッションにもライフスタイルにも自分らしさを追及する、それが今どきの50歳。もちろん恋愛だって前向きに。ふとした出会いが「アラフィー婚」に発展することも、今や珍しくはないのだとか。

アラフィー婚とは

“アラフィー婚”とは、アラウンド・フィフティ、つまり50歳前後での結婚のことです。AERA11月24日号では、さまざまな50代女性の事例を挙げ、様々な経験を積んできて、自立をしている、成熟しているからこその幸せな結婚が紹介されていました。
50代で結婚する女性が皆、活き活きと輝きを放ち続ける素敵な方ばかりであること。年齢にひるむことなく、変わることを素直に受け入れ、美しく歳を重ねていくことの素晴らしさを改めて感じさせられました。

活躍する50代

10月にリリースされた竹内まりやのベストアルバム「Expressions」が、初登場以来3週連続で1位を記録しました。これは、50代以上のアーティストでは初の快挙。スポニチアネックスの記事によると、ワーナーミュージックの調査で、アルバムの購買層は40代の女性ファンが半数以上を占めることが明らかに。そんな彼女の生き方に共感する「アラウンド・フィフティー=アラフィフ」世代の女性がアラサー、アラフォーに続いてメディアを賑わせています。

スポンサードリンク